INDEX    RSS    ADMIN

アレルギー?!

遅れましたが 本年も宜しくお願い致します。

アレルギーについてパオちゃん達を観察しておりましたが、
どうも自分自身にもあてはまるのではないかと思うようになりました。


今までアレルギーと言えば、カイカイや蕁麻疹・鼻炎・・と思っていましたが
アレルギー症状は多岐に渡るようです。


例えば、
自己免疫性溶血性貧血
(小太郎もアレルギー反応だったかもしれません)

そして、
橋本病
バセドウ病
・・・

パオちゃん達は
動物病院でサプリの処方を受けていましたが
それでは治らず、

与えるより控えなければならないのでは?
と思うようになり、

それがビンゴでした
(あ、ビンゴは古い?・・・^^; )


パオちゃんはまだ模索中ですが
現在は馬肉メイン、

まめは
カツオがメイン、

小太郎は
牛肉がメインです。


まだ更新の為の時間が取れないので
結論を少し言いますと、
カイカイやうんPが緩かったり
膿皮症や上まぶたの腫れ
軽い嘔吐、外耳炎、
パオちゃん達はアレルギー症状でした。

うんPが緩いのは
ビタミンAと亜鉛で抑えることが出来るかどうか。

ビタミンAは過剰症の心配もあるようです。


まめは化学物質・薬品系にアレルギーがあるようですので、
鶏肉の消毒液にもアレルギー反応を示していました。


また時間が取れましたら更新します。

CIMG8323.jpg


橋本病、バセドウ病、、の情報は下記を参照しました。
アレルギーの種類


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ストレスと免疫のお話

ご訪問ありがとうございます。

アレルギーの事等について
少しずつ思い出しながら書いていこうと思います。


小太郎の「自己免疫性溶血性貧血」を救ってくれたのは
牛の獣医からの情報でした。

(有)シェパード 獣医師 松本さんの公開文書

私達にも多いストレス。
小太郎はストレスが多い性格なので
当初はストレスが原因かと思っていたんですよね。


重要なキーワードを抜粋していきますと、

ストレスは免疫力を低下させる
血液中のビタミンAが低下する
ストレスで血液中のビタミンAが低下することは、いろんな実験で確かめられている
ビタミンEは免疫低下を防ぐ効果がある
亜鉛も免疫の改善に大きな効果がある
ストレスで腸内環境が悪化する



この文書中に免疫抑制剤という言葉も出てきますが、
これを読んで、小太郎にビタミンAのサプリを与えた所
血小板の数値が上がりました。
(基準値には達していない)


それで、これは栄養面で解決するかもと思い、
ステロイド・免疫抑制剤をストップしたいと
獣医に申し出て、その後は肝を与えていく。

亜鉛のサプリを与えてみて
有効だと分かったのですが、、
この後色々な問題が発生しつつ(ーー;
色々学ぶことになりましたので
掲載していこうと思います。

CIMG8396.jpg


つづきます~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ワクチンの常識?!

ご訪問ありがとうございます!


前回ご紹介しました
(有)シェパード 獣医師 松本さんの公開文書
で、犬のワクチンについて書かれている事を引用します。

ストレスで腸内の環境も悪化するので、生菌剤を与えておくことも大切です。
免疫は実は小腸で作られるのです。
ですから、小腸などの寄生虫を駆除しておくことも重要です。
犬や猫では、ワクチンの前に駆除しておくことは、ワクチンで免疫を上げるための常識になっています。



この常識になっているという寄生虫の駆除は一度も経験がないのですが、
ネットで調べると行っている動物病院もあるようですね。


そもそも混合ワクチンは生ワクチンなので
毎年摂取することは害にしかならないと
大学病院部長さんのブログで書かれていますが。


少しずつですが、まめに更新していこうと思います。

CIMG8191.jpg


2017年、今までと違う何かが動き出す年のようです!

ご訪問ありがとうございました!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

(1) 前置き

世の中には
正しい情報と間違った情報が溢れています。


何が正しいかは
実際のデータや
自分自身で試した結果でしか
信用できなくなりました。


パオちゃん達の全てを記録している訳ではないので
一部の記録や記憶で判断した事を記述していきます。


これらは3匹の犬に対して行った結果であり、
全ての犬に対して適合するかは分かりませんので
参考程度にお願いします。


また、アレルギーと言う言葉を使いますと
医学的にあっているのかという問題が発生するので
「相性が悪い」という表現を多用します。


CIMG8121.jpg


尚、パオちゃん達3匹は非常に
アレルギーが多い「相性が悪い物」が多数あり
食事に関して、未だに完璧なものは見つかっておりません。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

(2)アレルギー検査

ポメの小太郎が薬剤の投与により
赤血球・血小板数が基準値以下になった時、

小太郎が口にしたものは、

さつまいも
かぼちゃ
ブロッコリー
牛肉

で、鶏肉・豚肉は拒絶反応を示しました
(以前は鶏肉を食べていました)

小太郎は日常的に便がゆるい事を獣医に告げると
アレルギーが多いだろうという事で
動物アレルギー検査株式会社
アレルギー検査を行いました。


行った検査は主に、

IgE検査
リンパ球反応検査
アレルギー強度検査

です。

当時ステロイドと免疫抑制剤を使用しており、
この薬剤はIgE検査には影響はないが
リンパ球反応検査に影響を及ぼすとの事。


IgE検査結果では問題となるアレルゲンは無し。
検査項目については下記URLの下部に記載があります。
IgE検査項目


リンパ球反応検査については、
薬剤の影響を受けるので実際より低く出ています。

CIMG8436.jpg


驚いたのは、
小太郎が牛肉以外を口にしなくなった事と
一番数値の低い値が、牛肉だったという
検査結果が一致した事です。


また、アレルギー強度検査は高値を示しました。

CIMG8437.jpg

検査会社の説明では下記のようにありますが、

『アトピー性皮膚炎の病態に関わるTリンパ球サブタイプを検出します。』

小太郎は一切カイカイをしていませんでした。


この検査結果から小太郎の基本ご飯は
牛肉となったのですが、
牛肉・さつまいも・かぼちゃ・ブロッコリー・塩
の食材だけでは赤血球・血小板数等は改善せず
ステロイド・免疫抑制剤に頼る日々を過ごしていました。

そして、薬剤の影響もあって軟便から
『便はやや固めの緩め』へ。


小太郎は、
『便が固ければ良好な状態』という1つの指標がありました。


CIMG7525.jpg


つづきます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村