FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

修正記録とお知らせ

2018年12月08日
次回の更新は年末・年始の予定です。
クエン酸水の作り方をまとめました
2018年12月6日
*癌対策のページはこちらです。
闘病中の皆さまに向けた内容です。
*砂糖の記事に果物の果糖を追記しました。
*ブログ村のカテゴリ変更しました。
過去の記事で修正等を行った場合は、このページでお知らせしていきます。
簡単な修正は省かせて頂きます。
尚、過去の記事は訂正・修正が多く存在します。その為、2018年11月以後の記事を参照下さいませ。

こっちが悪い!

日本は、農薬・食品添加物で使う『化学物質』の種類が多い国です。

種類が多いという事は、免疫異常を起こすリスクを上げることになります。

身体が、どの物質に対して、
どの位の量を処理出来るかは、
各々で違ってくるのです。


よく、〇〇は身体に良くないと言われますが、
ある人には問題なくても、
ある人には問題が生じるのが実情です。

これは、昔、パオちゃんとまめ、小太郎に与えたサプリで確認が取れました。

A社のサプリを与えたら、
パオちゃん。。。。異常なし
まめ。。。。。。。。異常なし
小太郎。。。。。。めぱちこのような物が出来た


当時の私は、A社のサプリは「悪い」と思い、
B社のサプリに変えました。

パオちゃん。。。。異常なし
まめ。。。。。。。。めぱちこのような物が出来た
小太郎。。。。。。異常なし


これを何度か繰り返しているうちに、気づいたのです。

悪いのはサプリじゃなくて、
それに反応する側だという事に。



実際に、私が受診している医療機関では、
服用しているサプリを見てもらい、私に合っているかどうか、
どの程度の量が服用できるかを見てもらっています。

完全にOUTだったサプリもありますし、
服用回数を減らせばOKだったサプリもあります。


多量の農薬・添加物・殺虫剤・・・食品が安全だったのは過去の話で、
免疫システムの異常を起こす原因(様々な病気へつながるリスク)は増え続けています。

添加物はなるべく取らないように、野菜は無農薬。
と言いましても、無農薬野菜は簡単に手に入りませんよね。

また、無農薬野菜だったとしても、PM2.5等の大気汚染・・・・

そこで、我が家では以下の手順でお野菜を下処理しています。


基本:お野菜は浄水器を通した水で洗う
1.重曹水に漬ける。
2.油が浮いてくる事があるので、再付着防止の為に「えみな」を混ぜて洗う。
3.レンジでチン!は硝酸塩の関係上、好ましくないので塩水で湯がく。
※ほうれん草などの葉物野菜はそのまま湯がかず、3cm~程度に刻んで湯がきます。
 根菜は、皮もむきます!


この処理の詳細は→野菜の残留農薬を参照ください。

※上記に加え、テスラ製品でも処理を行っています。
テスラ製品は、おまじないとかではなく、高度な物理学に基づいている物です。


健康は、足元の一歩一歩から!

CIMG9123.jpg
CIMG9124.jpg

大切な人を守ってくださいね☆彡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント