INDEX    RSS    ADMIN

甘い物が好き~

砂糖・・・・の話をしますね。

とある情報です。

①砂糖を入れて小豆を煮ると水を含んで膨れる。
 それと同じ事が体でも起こる。

②体に水が多くなると冷えを起こす。

③腎は体の中で心臓の次に熱い臓器なので、熱くなければ仕事が出来ない。

④年寄りでボケるのは甘いものの摂り過ぎという話もあるが、まんざら嘘ではない。

⑤腎は脳とも深い関係がある。

⑥カルシウムとも関係する腎なので、腎が衰えれば、骨も歯ももろくなりやすくなり、カルシウムが減る。

⑦腎気が失せる時、人は死ぬ。

⑧甘いものは中毒性があるから、やめるのは辛い。
 ストレス←→甘い物を食べたくなる


医療機関では、以下の方法を指導しています。

白砂糖を使わずメープルシロップ、甜菜糖、ハチミツなどを少量取り入れる


上記の内容で、認知症の義母を観察していますと、確かに当たっています。

義母は、昔から甘い物が大好きでした。
甘いサツマイモをわざわざ砂糖を入れて煮るんですよ
夕食後は甘ったるい菓子パンを食べてましたし、
チョコレートは毎日のように食べていましたね。

まだ記事にしていませんが、腎機能が低下したのは医薬品の影響で、
腎機能が低下して、認知力が低下しました。

⑥のカルシウムについても、歯はインプラントが数本、銀歯も見受けられます。
さらに、甘い物を食べると腸内環境が悪くなり、腸内環境が悪くなると脳の機能が低下し、認知力がかなり低下します。

義母はデイサービスに通っていますが、1番ひどいタイプで、話しかけても応答できない事が多々あります。

「沈黙の臓器」と聞くと肝臓もありがますが、あわせて注意すべきなのが 腎臓。
一度悪くしてしまうと元の状態に戻すことが難しいそうです。


私自身も肝臓・腎臓の機能が悪い方です。
悪くなった原因は、食物アレルギーと推測されます。

今回、健康に良いと思って摂取した、
シソ油やグレープシード油、ひまわり油、ココナッツ油を摂取していたら
血液検査で肝臓の数値が悪くなっていました。
オーリングテストをする前の事です)

さらに、空腹をしのぐ為、甘い和菓子を食べたら、
腎機能が低下し、舌や顔が浮腫むという状況に陥ってしまいました。
皮肉にも、自分自身の体で砂糖と腎機能の関係を学ぶことになってしまいました

どうでしょう、こんなリスクがある事を知っていましたか?

840681.gif

医療機関では、以下の方法を指導しています。

白砂糖を使わずメープルシロップ、甜菜糖、ハチミツなどを少量取り入れる

果物を食後に食べない。今のバナナやいちごは砂糖と同じ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント