FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

修正記録とお知らせ

*癌対策のページはこちらです。
闘病中の皆さまに向けた内容です。
*砂糖の記事に果物の果糖を追記しました。
*ブログ村のカテゴリ変更しました。
過去の記事で修正等を行った場合は、このページでお知らせしていきます。
簡単な修正は省かせて頂きます。
尚、過去の記事は訂正・修正が多く存在します。その為、2018年11月以後の記事を参照下さいませ。

美容に良い・白砂糖!(2)

食べると不健康や美容に思わしくない白砂糖ですが、
実は保湿剤としてはかなり優れています☆彡

引用元:NIKKEI STYLE 肌がしっとり、もちもちになる 砂糖で洗顔
美容や健康の大敵とされてきた砂糖だが、天然の保湿剤として驚くほどの効果があることをご存知だろうか。
医療現場では床ずれの治療薬に砂糖が配合されるなど、そのパワーは実証済み。スキンケアに取り入れてみては。

[肌が弱い人は、実施前にパッチテストを行ってください。砂糖水を腕の内側につけてばんそうこうで覆って24時間おき、赤みやかぶれなどの異常が起きないか確認してください。]

乾燥はお肌の大敵。炎症の原因ともなり、肌の老化を進める。保湿はスキンケアの基本だ。

普段のお手入れに「ひとつまみプラスするだけ」で保湿効果がしっかり得られるのが砂糖だ。

「砂糖は天然の保湿剤」というのは、アビサル・ジャパン社長の幟立真理さん。「冬場の乾燥対策に、バスタブに砂糖を入れると知人に聞き、試してみたら驚くほど肌がしっとり柔らかくなった」と話し、これが、製造販売している砂糖コスメの開発のきっかけになったという。

砂糖を使ったスキンケアの効果を研究している藍野大学医療保健学部教授の山口求さんは、砂糖の効果として、「高い保水力による保湿効果のほか、傷を治す治癒効果や殺菌効果、不要な角質をはがす洗浄効果もあります」という。

実際、下の写真のようにニキビの改善に効果が認められているほか「傷の治癒効果もあるので、アトピー性皮膚炎の改善も期待できます(山口さん)。

砂糖でできる手軽なスキンケアを幟立さんに聞いた。顔だけでなく、全身に使える

試した読者モニターは、全員肌の水分量がアップ。肌が潤うことで毛穴も目立たなくなった

【砂糖水洗顔】
【砂糖スクラブ洗顔】
【砂糖泡洗顔】

[砂糖洗顔4カ条]
1.使うのは上白糖だけ
必ず上白糖を使って。ミネラルなどを含む黒砂糖や三温糖、粒の粗いグラニュー糖は、刺激になることがあるので不向き。粉糖も別の成分を含むことがあるので避けたい。厚生労働省が薬の原料として認めているのも白糖のみ。

2.絶対にこすらない
乳液などに砂糖を混ぜると最初は砂糖の粒のじゃりじゃり感がある。それを顔に塗ってこすると肌を傷つけてしまうことが。あくまでそっとなでるようにするか、手のひらで砂糖を溶かしてから使おう。水分と熱ですぐに溶ける。

3.3分以上置かない
1~3分ほど塗布すれば角層に十分浸透するので、それ以上置いてもあまり意味はない。砂糖は肌への刺激の少ない物質だが、必要以上に長く肌にのせることは避けて。

4.必ず洗い流す
砂糖スキンケアは必ず洗い流すことが前提。肌に残ったままだとベタつくし、乾くと固まってカピカピになる。また、そこに紫外線が当たればシミの原因となることも。


浴室に白砂糖!
我が家の食用はてんさい糖なので、わざわざ白砂糖を購入しました

白砂糖って安い!
今回はアマゾンプライムで199円だったかな。
この季節寒いのでフェイスケアがメインですが、
4週間後に水分量1.3倍という結果を期待しています

あと、洗い流すって書いてますけど、
化粧水に1つまみ入れて
化粧水だけでつっぱるかどうか様子を見て、もう1つまみ、、と入れてます。

砂糖で紫外線?信用できる資料ないから試してみます
濃度が濃いと逆効果ですが
化粧品に取り入れられるならOKでしょ

追記:その後の結果
砂糖は微生物の餌になる為か、ニキビのような吹き出物が出来始めたのでストップしました!
砂糖で保湿後はしっかり洗い流しましょう ヾ(・∀・)ノ



安い白砂糖を使った美容法の紹介でした

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント