FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

修正記録とお知らせ

*癌対策のページはこちらです。
闘病中の皆さまに向けた内容です。
*砂糖の記事に果物の果糖を追記しました。
*ブログ村のカテゴリ変更しました。
過去の記事で修正等を行った場合は、このページでお知らせしていきます。
尚、過去の記事は訂正・修正が多く存在します。その為、2018年11月以後の記事を参照下さいませ。

犬が塩分不足になると!

パオちゃんは毎夜、
塩分を求めてパオママの手を舐めに
多くて6回起こされる時もありましたが、
昨日は0回!


ざらざらしていた舌も
少しずつ潤ってきています。


犬はしゃべれないですもんね、、
改めて実感しました。


CIMG6135.jpg


あい動物病院のHPによりますと、
パオちゃんはまだ軽症のようでした。

ここに、一部を引用させて頂きます。


軽症の場合
・散歩に行くと、よそのワンちゃんのオシッコを舐める。
・土やコンクリートや壁などを良く舐める。
・オシッコをした後に入念に(必要以上に)陰部を舐めている。
・足の裏を良く舐める。
・人の手や足を良く舐める。
 (とくにお父さんなど、よく汗をかいた人を好む)
・使った後のティッシュ食べようとする。
・お風呂の排水口付近の水を飲みに行く。


重症の場合
・シュウ酸カルシウム結石が出来やすくなります。
・オシッコの色が濃い黄色になってきます。
・腎臓の数値が上がり始めます。
・手術の麻酔時などに不整脈が観察されるようになり、安定した麻酔が得にくくなります。
・軽い下痢・嘔吐でも動けないほどの症状になります。


極限状態の場合
そんなバカな! と思われる状況が現れます。

・意識状態が朦朧(もうろう)とし、飼い主様への反応が著しく鈍くなります。
・運動能力自体も衰え運動障害や椎間板疾患と誤診されます。
・内臓機能の限界から下痢をおこし、腎機能検査の値が跳ね上がります。


これは下記より引用しました。
詳細は「人間の食べ物を犬に与える話 塩編2」をご覧下さい。



原因不明の疾患の場合、一度塩分不足を疑ってみてはいかがでしょうか?

こちらは、最新情報を確認してくださいね。
病気の原因はいろいろあります。

CIMG6136.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

こんにちは^^

まちです。
色々勉強なさっているのですね^^
偉いです。可愛い子のためですものね^^


昨日は、お祝いコメントありがとうございました。
とても嬉しかったです。
ありがとう^^

まちさまへ

コメントありがとうございます^^

可愛いわが子の為に色々頑張りました^^

原因もわかって、ようやくスッキリしました~。