INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ストルバイト尿石症とマグネシウムについて

フードを追求している「あい動物病院」のHPに、
ストルバイト結石の原因がマグネシウムである
昔は、言われていた為に
故意に取り除かれていると記述があります。
(参照:ドッグフードの足りない栄養素の話 その3


また、
「心臓病や、いくつかの成人病の研究では、病気の原因が
マグネシウムの不足によるものではないかと考えられています」

ともあります。



他にも、手作り食を推奨している「 アミール動物病院」のブログを見ますと、
卒論でマグネシウムの事を書いていた為、さらに詳しく書かれています。

マグネシウムが欠乏すると高血圧になる

「マグネシウムが不足すると筋肉の収縮作用が増強され、いわゆる筋肉が引きつる症状が起きるのです。更にマグネシウム不足が進行すると痙攣症状を起こします。・・・・
・・・・心筋梗塞と同様な症状になります。」

「ワンちゃんは? というと実験的に確認は出来ていません。

犬は心臓の栄養血管である冠状動脈の数が私たちより桁違いに多いので、心筋梗塞にはなりにくいため、マグネシウム欠乏により突然死することは無いかと思います。

それでも、生理的な働きに違いはありません

マグネシウムは細胞内で多くの酵素の働きを支えるミネラルであるのと同時に、筋肉を弛緩させる働きなど細胞間の情報伝達にも重要な働きをしているので、十分摂らせたい栄養だと思います


犬も人も生理的な働きに違いが無いと言う事ですので、
人と同じ働きをするとなりますと、
下記サイトにさらに詳しい説明があります。

マグネシウムのお話し (後日追加)
マグネシウムについて



マグネシウムの無意味な制限は、かえって病気を誘発する可能性がある


そこでショップに置いてあるドッグフードの
マグネシウム量を見てきました。
(記載のある商品のみです)
*********************************************

フード100g当たりのマグネシウム量

普通食A商品 0.8g
普通食B商品 0.1g
普通食C商品 0.14g
特別食D商品:ストルバイト・シュウ酸カルシウム結石用フード 0.02g
Dと同じメーカーの他疾患ケア用フードE商品 0.02g
Dと同じメーカーの他疾患ケア用フードF商品 0.01g


*********************************************

確かに、尿結石用フード(D商品)は、普通食よりマグネシウム量が少ないです。

人と生理的作用が同じであれば
マグネシウムは必要なはずです。

実は、これを裏付ける話を聞いたことがあります。

あるフードメーカーの方がうっかり口を滑らしたそうですよ。
「ストルバイト尿石症予防にはマグネシウムを与えれば良い」って。

これは動物病院で聞いたことですが、
あたかも秘密のような感じで言われた気がしていたので書かずにいましたが、
お金払って情報を得てるのですから何ら問題ないですよね。


また、鶏軟骨も少量与えた方が良いようです。

パオちゃんにストルバイト結晶が出来た時に与えた手作り食では、
マグネシウムを含む「お魚や焼き海苔」を与えていたにも関わらず、
早い時は4日~1週間程度で治ったと言う事を考えますと、
なるほどと思う内容です。


P1070772.jpg


アミール動物病院のブログの続きです。
ドックフードやキャットフードしか与えていないと身体で作られる尿は常に一定になることがあります。

その時の尿がアルカリだった場合、「このワンちゃん(ネコちゃん)の尿中にストルバイト結晶がたくさん出ています。この子たちはアルカリ尿を作る体質なので、膀胱結石を作らせないためにもフードを酸性尿を作る療法食に変えましょう」というのは如何なものか。療法食に切り替える前に、試してみることは多々あると思います。



ドッグフードはマグネシウム量が少なく、
カルシウム量が過剰です。

過剰なカルシウムも問題なのかもしれないですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。