INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ストルバイト尿石症とは・・・

手作り本で有名な須崎動物病院では
ストルバイト尿石症は下記のような見解をしています。


尿結石の原因は、基本的に尿路の感染症です。
尿結石は、比較的簡単に治る病気と、須崎動物病院では位置付けられています。

参考URL


こうしてまとめていると、犬のストルバイト尿石症は、
人間の言う「膀胱炎」に似ている気がします。

オシッコを我慢して膀胱炎になる。
軽いうちは水分をたっぷりとれば自然治癒する。
免疫力の低下やストレス・冷えなどで膀胱炎になりやすい人、繰り返す人
ひどくなると抗生物質を処方される。

・・・
似てますよね。

これに追い打ちをかけるのが、
ドッグフードはミネラルバランスが悪い事です。


パオちゃんが療法食から普通食のドッグフードに切り替えた途端、
アルカリ尿になったのは、
もしかしたら、アミール動物病院のブログにあった、
「ドックフードやキャットフードしか与えていないと身体で作られる尿は常に一定になることがあります。」
も、一つの要因だったかもしれません。



ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石の情報サイトを見ていると、
ミネラルバランスや尿の酸性・アルカリ性と言う文字が多くありました。


人間が膀胱炎になっても食事の制限が無いのに、
犬は必要なのでしょうか?
水分をたっぷり取らせるには塩を与えれば良いだけです。



パオちゃんの過去を振り返ると、
人間が食べる食材を与えていた時は再発がほぼ無いのに
ドッグフードになると再発すると言う事は、
ドッグフードのミネラルバランスに問題があるという事でしょうね。


そして、人間の薬等を作る動物実験でラットが使われますが、
生理的作用が同じだからですよね?


では、消化力に差があったとしても
生理的作用が同じであれば、
人が食べる物を与える事が、犬にとっての健康に繋がるのではないでしょうか。


ドッグフードでも、野菜や乳酸菌、グルコサミンなどを
入れるメーカーが増えていると言う事は
生理的作用は人と同じだから!



注意点はあれど、色んな食材を与える事が
色々な栄養素を与えられる事につながるようです。
ただし、アレルギーに注意が必要です。



CIMG6493.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。