FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

修正記録とお知らせ

2018年12月08日
次回の更新は年末・年始の予定です。
クエン酸水の作り方をまとめました
2018年12月6日
*癌対策のページはこちらです。
闘病中の皆さまに向けた内容です。
*砂糖の記事に果物の果糖を追記しました。
*ブログ村のカテゴリ変更しました。
過去の記事で修正等を行った場合は、このページでお知らせしていきます。
簡単な修正は省かせて頂きます。
尚、過去の記事は訂正・修正が多く存在します。その為、2018年11月以後の記事を参照下さいませ。

良質なリノール酸

下記の内容は間違いです。
アレルギーとなる食材や化学物質等が原因で諸症状が出ますので、敢えてリノール酸を与える必要はありませんでした。



塩分の件は、日本獣医師会に問い合わせてみようと思いますので
回答がありましたら、ブログでお知らせいたします。




梅雨に入り、ジメジメしだしたせいか、
まめがカイカイをしています。

CIMG6867.jpg


おめめのウルウル度もイマイチなので
もう少し良質なリノール酸を与えようかなと。


まめはお肉で目ヤニがピンクになるので、
(涙やけの原因でした)
食用油はどうかな?と探していますが、
最近はオレイン酸を多く含むものが多いようですね(´・_・`)



以前与えていた植物油は、質が悪いのか
身体から油の劣化したニオイがしてきた経緯があります。


アミール動物病院のブログでは、
オリーブ油に多いオレイン酸は皮膚の常在菌を増やす傾向があります。
とくにマラセチアという酵母菌にとっては栄養素になるのかオレイン酸が多すぎるとマラセチア症を悪化させます。

それに比べて、リノール酸には殺菌効果があり、特にブドウ球菌の繁殖を抑える働きがあります。

これらは、外用剤としての作用についてですが、食事として摂取した不飽和脂肪酸が皮脂として分泌される可能性は高いと考え、食用としても偏りのない使用を勧めています。そういった点では、バランスのいい植物油は亜麻仁油かもしれませんが、こちらは高価なうえ酸化しやすいのが難点ですね。不飽和脂肪酸は必須脂肪酸でもあります。減らしすぎにはご注意ください。



と、ありますが亜麻仁油は、
「α-リノレン酸は、脳や網膜のリン脂質に含まれている成分で、体内に入ると青魚に含まれている油であるDHAやEPAに変換されます。」

との情報もあり、このDHAやEPAを含む魚を食べると
まめはカイカイがひどくなるので、微妙なところです。


さらに、あい動物病院のHPでは、
よく、痒みを主症状とする患者様でオメガ3系、オメガ9系を重視している方々が居られますが、この段階での使用は控えて頂いた方が良いです。


ともありますので、
鶏肉の油以外で良質なリノール酸を与えられる物を考えていましたが
大豆製品はオレイン酸よりリノール酸が多いので
納豆の量を増やして様子をみようと思います。


カイカイのコントロールは本当に難しいですね (T_T)


パオちゃんはふつうです ^^

CIMG6864.jpg


引用元:
アミール動物病院亜麻仁油(わかさ生活)あい動物病院


  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント