FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

犬と塩分(3) 腎臓のはなし

あるサイトで、動物看護士と名乗る方が「犬猫に塩分は不要な理由」として「腎臓」のお話をして下さいました。

その方は、同じ職場の獣医師・動物看護士も同じ事を学んでいると言っています。


その内容は以下の通りです。

補足:
腎臓の機能的単位を「ネフロン」と言います。
ネフロンで濾過、再吸収、分泌、濃縮が行われ、原尿が作られていくようです



ネフロンのおよその数は以下の通りなので、
人より犬は少ない、
塩分を処理するには負担がかかる。

人間 200万個
犬 80万個
猫 40万個

猫はさらにネフロンが少ないので
猫はさらに塩分が不要。

以上です。


この事に対し次のように意見しました。
ネフロンには2種類(皮質ネフロン・傍髄質ネフロン)あり、
働きの内容も違い、その割合は動物種間で異なる。

ネフロンのトータル数だけで比較するのは間違っているのではと。

ですが、そんな事は知らず、信用できないと言うばかりでした。


その方は犬の必要塩分量はナトリウム50mg/kg、
塩分に換算して0.127g/kgです。

そうであれば、その塩分量で足りているデータを見せて下さいと
申し出ましたが、データはなし。


その後、色々と調べてみましたがネフロンの数だけではなく
腎臓の大きさ・髄質の厚さ等々・・も考慮しなければならないようで、
いくつか犬猫に関連した情報も見つけました。

心腎連関
http://www.hiro-vet.or.jp/learning/pdf/magazine-h2707/P003-005.pdf
こちらには
「ヒトとイヌの腎臓は構造が似ているが猫は解剖学的に構造が異なる.」
とあります。


日生研株式会社の学術情報では、
http://www.jp-nisseiken.co.jp/science_info/navac_pdf/navac_pig_038.pdf

「ヒトも豚と同様に尿の最高到達尿浸透圧は低く、ヒトも多くの水分を必要とします。また、海水の浸透圧がヒトの最高到達尿浸透圧とほぼ同じくらいですので、ヒトは海水を飲んでも、水分としては利用できません。犬の最高到達尿浸透圧が2,400mOsmで海水のほぼ2倍濃いので、海水を飲んでも利用できるのかもしれません。猫はさらに濃くて3,100mOsmあり、かなり濃い尿ですので、猫のオシッコは臭いと言われますが、尿濃縮能力は高い動物と言えます。」

これはどういう事でしょうか?


こういう事を説明出来るのが獣医であって欲しい・・・

ですが、多くの獣医はネフロンの数だけでしか判断していない事が分かったのです。

これは、学んだ獣医が悪いのではなく、
こういう事しか教えていない側・免許を与える側に問題があるように思いませんか?


20161202.jpg


つづきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。